今!よみがえる吉野川伝承  2014年

◆大淀町◆吉野川<川開き>まつり◆

奈良県吉野郡大淀町下淵370番地
鈴ヶ森公園・行者堂

suzukakenomori1@yahoo.co.jp

祭りの楽しみをご一緒に!

時代と社会の移ろいと共に、忘れられ消えてゆく「心の和」・「祭り」と「祈り」。都会的で集客を狙う華やかなイベントとは一味違う、小さな小さなお祭りです。今までは、ひと握りの人々しか知らなかったようなマイナーなお祭りです。だからこそ、同じ場所に集る人に「心の和」が育まれるちょっと不思議なお祭りです。主・客を超えて、一緒に盛り上がるハレの時空を楽しみましょう!何かがよみがえる・未来♪への夢と感動をご一緒できれば幸いです。

皆様のご協力のおかげをもちまして、2014年吉野川<川開き>まつりin 大淀は、盛況に終了させて頂きました。ありがとうございました。

ニュース欄・ブログは、随時、更新予定です!


【日時】

前夜祭・2014年5月31日 16:00~18:30

・すずかけの森ライブコンサート

・役行者一代記

・万葉燈花会

大祭・・・2014年6月1日  13:00~17:00

・鮎供養・大護摩祭り

・ライブ・世界遺産吉野を歌う

・民俗芸能竹春座公演

・鮎供養ごくまき

【会場】

大淀町◆鈴ヶ森公園・行者堂前◆

奈良県吉野郡大淀町下渕370番地 吉野川畔

(大淀病院・玄関前より南東へ徒歩すぐ)

(吉野裁判所裏)

※近鉄南大阪線・下市口駅より南西に徒歩12分

※お車の場合は中吉野駐車場をご利用下さい


※当イベントは、大淀町のまちづくりボランティア事業として、両日とも参加無料(カンパ制)となっています。みなさんのご協力で、すばらしいイベントにしてゆきたいと思いますので、よろしくお願いいたします

ご協力

古来、鮎供養大護摩の火は、多くの皆様の志を集めた護摩木によって燃え続けてきました。本年は鮎供養の存続の為、例年行事を執り行ってくださっている行者講が、皆様の願い事の成就を祈る「護摩木」☆彡を1000本ご用意して下さっています。この護摩木に記して頂いた皆様の願いを共に天にお届けしいたします。伝統民俗行事「鮎供養」はその保存へのご協力のご寄付と、皆様の願いを込めた一本一本の護摩木で存続されています。本年もご協力の志を頂きました各位の皆様に心より御礼申し上げます。(伝統民俗行事「鮎供養」存続にご協力頂ける方は一本300円(お1人様20本まで)・6月1日1時半までに鮎供養大護摩受付にてお申しつけ下さい

~初夏の吉野の川風涼やかに~                                ~すずかけの森のイベントがはじまります~

祝・「紀伊山地の霊場&参詣道」世界遺産登録

10周年記念 

◆世界遺産吉野◆フロントタウン・大淀町◆

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E4%BC%8A%E5%B1%B1%E5%9C%B0%E3%81%AE%E9%9C%8A%E5%A0%B4%E3%81%A8%E5%8F%82%E8%A9%A3%E9%81%93

http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/sub/sub12.html

   

 祝・「豊かな海つくり大会」開催記念

  ◆吉野川◆リバーフロント・大淀町◆

http://www.town.oyodo.nara.jp/syoukai/nentou_aisatu.html

http://www.pref.nara.jp/30389.htm    

   大淀町で体感する・世界遺産吉野と吉野川の祭り!

     ◆大淀町の伝統文化◆伝統行事◆吉野川伝承◆が、

      2014年・よみがえりの第一歩をあゆみはじめます!



♦♫♦◆前夜祭 5月31日(土) 16時スタート◆♦♫♦

第一部 すずかけの森コンサート~世界遺産吉野&吉野川を歌う~行者堂ライブ♪

♫年代を問わず親しみやすいポピュラーソングの中に、きらめく吉野への思いを込めたオリジナルソングを♪軽音楽の調べに乗せて♫

◆綿鍋伊久男さん◆

NHK「ちょっといい旅」「夜のヒットスタジオ」に出演。吉野を歌う随一のシンガーソングライター。天忠組を支えた幕末の豪商・鶴屋治兵衛の曾孫さんです。

◆サプライズゲスト・浜田昇Dr.◆【予定】

本場アメリカ仕込みのブルーグラスのミュージシャン ご本職は世界的に著名な甲状腺医学のドクターです。NHKへの出演、医学書の出版も多数。

第2部 河内音頭「役行者一代記」 ~口演・太鼓~ 

◆塩路鉄砲水師◆

伝統芸能「河内()()()」を継承する竹春座の座長。奈良県主催「民俗芸能大会」にも出演。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」奥駈修験の大先達さんです。

  ◆久米持慧さん◆

 勤行太鼓の名手。

第3部 万葉燈花会&柿の葉寿司 ~万葉の言霊&伝承料理~

万葉歌「今しきは見めやと念ひしみ芳野の大川淀を今日みつるかな」。大淀町の町名の由緒となった万葉の故地・大川淀に灯りをともしましょう!大淀語り部の会の皆様による万葉の朗読と伝承料理・手作り柿の葉寿司のご賞味も!


♦♫♦◆川開き大祭 6月1日(日) 13時スタート◆♦♫♦

特別公開 ~時代を超えて大淀に伝わる役の行者像厨子のご開帳~

秘仏・厨子入り役行者像(推定 鎌倉・室町時代)を60年ぶりに公開!

第1部 鮎供養・大護摩行者祭~世界遺産吉野を実感!大淀・川開きの伝統祭事~

【世界遺産吉野への旅立ちの地】大淀町ならではの吉野川・川開き祭りの醍醐味を!

大和大淀(下渕)行者講による鮎供養と大護摩の法要・行者祭りです!

第2部 ライブ公演

①世界遺産吉野を歌う ~ふるさとの未来輝くシンガーソング~ 行者堂ライブ♪

吉野に思いを込めた綿鍋さんのオリジナルソングのピックアップ演奏です。

②郷土藝能竹春座・演藝祭 ~今や懐かし祭りの風情・仁(に)〇(わ)加(か)ざらえ~

塩路鉄砲水師率いる「郷土藝能竹春座」が大淀町・鈴ヶ森に!

豪華ゲストも共演。大太鼓・小太鼓・スリガネ・半鐘・三味線の音色で盛り上がる祭りの極み。竹春座「古典()()()」の決定版『勧進帳』は必見!竹春座連中の懐かしい風情あふれる日本の芸能をお楽しみ下さい。

※豪華ゲスト(予定) 宮村群時師<音曲・上方書生節演歌>、滝新太郎師<浪曲こわいろ>、帰天斎正華師匠<古典芸能・和妻(日本伝承の手品)>、久米持慧さん<坊さんジャグラー>

第3部 ごくまき ~昔ながらのお楽しみ~

ご来場の皆様へ、ご健勝とご多幸を祈って♪感謝のごくまきです♪



ニュース

鈴ヶ森行者堂http://www.town.oyodo.nara.jp/map/tekuteku/tekuteku_2.htmlhttp://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/2012/03/post-7005.htmlhttp://kunio.raindrop.jp/photo-manyou-yoshino.htm石塚遺跡http://www.town.oyodo.nara.jp/map/tekuteku/tekuteku_3.htmlhttp://blog.goo.ne.jp/fineblue7966/e/6edaffa444d905c58609e411d1
役行者さまの不思議なご縁で、例年大淀町の鮎供養大護摩行者祭りに協力参加下さって来た大先達の塩路鉄砲水師さんが、本年は、郷土藝能「竹春座」と豪華ゲストを率いて公演をして下さいます♪感謝の気持ちを込めてサイトをご紹介させて頂きます。http://www1a.biglobe.ne.jp/k-bunren/takeharu/thz00.html鉄砲さんは、河内の郷土藝能・民俗藝能の復興や各地のお祭りの復興にも尽力されてきたお心優しい義侠心と男気あふれる大先達さんで、法螺貝の名手でもいらっしゃいます。「おおきに!」爽やかな笑顔で鉄砲さんが話す「純生・河内弁」の美しさ♪と渋さ♪にも乞うご期待!http:/
18歳でプロミュージシャンとして活動を始める。 1973年、大塚まさじ、永井洋、西岡恭蔵らの伝説のバンド、オリジナル・ザ・ディランに参加。 1975年、レイジ-.ヒップに参加。中川イサトのオムニバス・ライヴ『鼻歌とお月さん』に参加。他には、いとうたかお・大塚まさじ・加川良・シバ・西岡恭蔵・金森幸介の面々。 1989年から大庭珍太、Annsanとマンドリン・ブラザーズ、1990年からSHATなど、ギタープレーヤーとして活動。またスチールギター、マンドリンの名手として、大塚まさじ、加川良、小坂忠、桑名晴子など、多くのグループ、アーティストのライブ・レコーディングに参加し、多くの演奏を残す。...
 6月1日・今年も吉野川の鮎漁の季節が始まります。毎年、鮎供養にご協力下さっておられます「吉野川漁業協同組合」さんに感謝の気持ちを込めて、H.P.を、ご紹介させて頂きます。http://www3.hp-ez.com/hp/yosinogawa/page1
http://blogs.yahoo.co.jp/tentuji/64356210.html                                                   天忠組記念館・館長の草村克彦さんが綿鍋伊久男さんと共作された『来夢来人~愛する我が地に』が、今回のライブコンサートで演奏される予定です♪台風被害に心を痛めたおふたりが、吉野の復興への祈りと願いを込めて作った詩が軽やかで重厚感あるメロディーの曲に。後醍醐天皇の時代にはその皇子と縁組をし、明治維新には天忠組を命懸けで支援して最後に屋敷に火を放ったという鶴屋治兵衛の直系の綿鍋さんが歌うと、古の吉野人達のこの地
5月28日・会場掃除&整備5月29日・午前9時から、鈴ヶ森公園・行者堂にて餅つき&餅まるめ(餅まるめのボランティアが不足しています!皆さんのご参加・大歓迎です!)5月30日・会場準備5月31日・午後1時~ライブコンサート会場設営  5月31日・午後4時~前夜祭 6月1日 ・午後1時~大祭
この歴史と伝承を保持し続けてきた伝統行事川開き・鮎供養大護摩祭典は、今まで、雨天荒天の日でも祭典の時間になるとこの場所だけ急に風雨が止むという不思議な空体験ができる祭典でした。ですので、本イベントも雨天荒天を想定したイベントではなく、雨天荒天の場合は、ライブや公演に行者堂内をご提供頂く運びとなっております。行者堂内にご入場頂ける人数は60名程となります。晴天に恵まれた場合以上に、室内でのライブ・コンサートや藝能公演はより臨場感あふれる一体感がお楽しみ頂けますが、雨天荒天の場合は先着順となりますことをどうかご容赦頂きますよう、少し早めにご来場頂きますようお願い申し上げます。

ウェブサイト開設

2014年04月24日 17:44
時代と社会の移ろいと共に、忘れられ消えてゆく「心の和」・「祭り」と「祈り」。都会的で集客を狙う華やかなイベントとは一味違う、小さな小さなお祭りです。今までは、ひと握りの人々しか知らなかったようなマイナーなお祭りです。だからこそ、同じ場所に集る人に「心の和」が育まれるちょっと不思議なお祭りです。主・客を超えて、一緒に盛り上がるハレの時空を楽しみましょう!何かがよみがえる・未来♪への夢と感動をご一緒できれば幸いです。
<< 1 | 2 | 3